ウルム スツール 引出し付

Max Bill,1962

バリエーション

スツール

選択中:スツール 引出し付

通常価格 ¥58,300(税込)
ポイント 1590P
数量

商品情報

1962年、マックス・ビルはウルムスツールの進化モデルとして「Schubladenhocker(引出しスツール)」を設計しました。
当時、引出し部分は1本の貫木で支えられていましたが、現行モデルでは貫木が2本に改良され、抜け落ちないように木製のダボが施されました。シンプルなフォルムと素材、そして、釘を使わない造りをそのままに、生活の中でフレキシブルに使用できる高い実用性を備えたスツールです。

ウルムスツールは、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにBauhaus(バウハウス)の概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。
1953年、旧西ドイツのウルムに開設された「ウルム造形大学」は、バウハウスの理念を継承する革新的な教育機関でした。
1954年この大学の初代学長を務めたマックス・ビルとアシスタントを勤めていたハンス・グジェロは、学生達のために腰を下ろす何らかの道具を考えました。仕事机や講義室、カフェテラスなどに使えるスツール、サイドテーブルとして、持ち運ぶ機能や書籍をのせるトレイとしてなど、多目的な要素をデザインに集約し「ウルム スツール」は誕生しました。
付属品:取扱説明書、保証書(1年保証)
設置について:床に傾斜や段差がある不安定な場所でのご使用は避けてください。(転倒の原因となります)
お手入れ方法:中性洗剤を水で薄めたものでお拭きください。シンナー・揮発物・アルコール類を使用すると変色、変形の原因になりますのでおやめ下さい。
※木目について:こちらの商品は天然木を使用しておりますので、木目には若干の個体差がございます。また、商品によっては木の節があるものもございます。天然木の個性としてお楽しみください。

取り寄せ商品のため、お届けに10日程いただいております。国内在庫欠品の場合は、4〜5ヶ月程いただいております。
お客様都合によるキャンセル・返品はお受けできません。
代引き不可
お支払い方法はクレジットカード、Amazon Pay、楽天ペイのみとさせていただきます。
※下記にご注意ください。
 ・カードの有効期限日が商品のお届け時期以降
 ・お届け予定頃のカード残高不足
※クーポンなど各種割引対象外。
moreinfomore information
Max Bill(マックス・ビル)
スイス、ヴィンタートウール生まれ。1924年から1927年にかけてチューリッヒで彫金の修行をし、その後バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学ぶ。画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、工業デザイナーのとして活動し、後にバウハウスの精神を継ぐべく、1950年のウルム造形大学設立に尽力、初代学長も務めた。あらゆる分野において「法則性」と「理論」で研究する創作過程を一貫し、その理論は今なお、デザイン・美術界に広く影響を与えている。

スペック

タイプ 家具
素材 本体:スプルース(米唐檜)材 床設置部、貫木:ビーチ材 引出し底部:ポプラ合板
サイズ cm:39×30×44、重量約3.8kg
メディア掲載

お客様からの商品レビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。


関連する商品