SALE

MoMA Kangol バケットハット ブラック M

バリエーション

L
XL

選択中:M

セール価格 ¥16,280(税込) ¥14,652(税込)
ポイント 400P
数量

Why We Chose This
「バケットハットの意味合いは、その極めて特殊なデザインと機能にもかかわらず、その採用者と同じくらい多様である」と、Stephanie Kramer(ステファニー・クレイマー)は、カンゴールのバケットハットを取り上げたMoMAの2017年の展覧会「Items: Is Fashion Modern?」のカタログで書いています。「バケットハットは(中略)1960年代の作家Hunter S. Thompson(ハンター・S・トンプソン)のような文化的反逆者と結びついたある種の破壊的なノンシャランスを象徴し、アメリカ独自の文化的貢献であるヒップホップにおいて重要な役割を担ってきました」。
Exclusives
MoMAの展示と関わりのあるアイテム
MoMAは、美術館展示の可能性に革命をもたらしました。設立当時、MoMAはデザイン業界の貴重な発展を記録し、それに応えることに努めていました。そして、現在もアートとデザインの展示の最先端に革新をもたらし、また、牽引し続けています。MoMAデザインストアは、その多くがMoMAの展示で初めてお披露目された、全く新しい独創的な商品を見つけ出すとこで、MoMAの探究心を反映しています。

商品情報

こちらの商品は10%Offです
【オンライン限定Flash sale】7/22(月)午前11時まで。10~30%が100点以上!対象商品はこちら。
フロントにMoMAロゴをあしらった特別モデルのKangol(カンゴール) バケットハット。
1900年代に実用的な帽子として登場したバケットハットですが、ポップカルチャーのアイコンとなったのは1970年代のこと。1938年創業の帽子ブランド、Kangolから「バミューダカジュアル」が誕生すると、1980年代に急成長していたニューヨークのヒップホップで瞬く間に人気を博し、現在もポップカルチャーの王道として健在しています。
今回は、そのバケットハットからMoMAロゴをあしらった特別モデルが登場しました。

MoMAとKangolの繋がりは、2017年にニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催された「Is Fashion Modern?」の展覧会で、Kangolのオリジナルバケットハットが展示されたことがきっかけです。

スペック

タイプ アパレル雑貨
素材 表生地:モダクリル45%、アクリル40%、ナイロン15% ライナー:ナイロン100%
サイズ cm:頭廻り約58×高さ約8×つば約6、重量約102g
メディア掲載

お客様からの商品レビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。


関連する商品