カリム・ラシッド

カリム・ラシッド

エジプト、カイロ生まれ。工業デザイン事務所で働いた後、ニューヨークにスタジオ開設。200点を超えるデザインはカトラリーやコート掛けから郵便ボックス、香水のパッケージやライトスタンド、食器からハイファッションにも至り、活動範囲は多岐に渡ります。ゴミ箱「ガルボ」は制作開始からわずか2年で200万個以上販売され、カリム・ラシッドの名前をポピュラーにしました。T.P.R(サーモ・プラスティック・ラバー)という素材を使ったOH CHAIRやチェスセット、アクリルを使ったドミノセットなども収録された著作の「I Want to Change the World」というタイトルからは、世界をポップに変えたいという彼のデザイン観が伝わってきます。新鮮でキュートな作品はMoMAだけでなく、サンフランシスコ近代美術館、モントリオール装飾芸術美術館などのコレクションにも収められています。

全部を見る