Mid-Century Design

Mid-Century Design

第二次世界大戦後、多くの要素が組み合わさって、ホームプロダクトや家具に、新しい進路が開かれました。成形ブライウッドやプラスチックなどの新しい素材や大量生産技術の進歩により、デザインのオプションが大幅に増えたのです。ハーマン・ミラー社、つまり同社で長年デザインディレクターをつとめるジョージ・イームズの影響力あるチームなどの努力により、これらの新しいデザインは販路を広げて生産されるようになりました。人間工学に基づいた形、多用途、合成素材などの新しい言葉も使われるようになり、この世紀に最も愛された家具がいくつも生まれたのです。

全部を見る