フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト

アメリカ、ウィスコンシン州生まれ。ル・コルビジェ、ミース・ファン・デル・ローエと並ぶ20世紀の三大建築家の一人。一貫して自然と建築の共存を提唱し、有機的建築を数多く残しました。日本の帝国ホテル建設に参加。浮世絵への高い関心もよく知られています。生涯に800以上の設計、建物や住居だけでなく、家具やテキスタイル、照明やカトラリー、さらには景観までデザインしました。全体として統一した創造姿勢はデザインの領域を押し広げ、20世紀の建築と装飾芸術の発展に深遠な影響を与えました。*MoMAはフランク・ロイド・ライト財団から公式にライセンスを供与されています。

全部を見る