IN THE MoMA COLLECTION

iittala キャストアイロン キャセロール

Timo Sarpaneva,1960

通常価格 ¥37,800(税込)
ポイント 1050P
入荷案内申し込み

オーブンからそのままテーブルに出せるようにデザインされた蓋付きのキャストアイロン キャセロール。デザインをしたティモ・サルパネヴァの名前をとって「サルパネヴァキャセロール」と呼ばれることもあります。様式、オーガニックな形、天然素材、実用性といった特徴を持つ北欧デザインの傑出した例です。いくつものデザイン賞受賞に加え、このキャセロールはMoMAのコレクションにも選ばれており、2010年にMoMAの建築・デザイン部門が開催した「Counter Space: Design and the Modern Kitchen」展にも出品されました。イッタラ社製でキャストアイロンに白エナメルの内部と圧縮木材の取っ手で作られています。取り外し可能な木製の取っ手は蓋を開けたり、キャセロール鍋を持ち上げたりするのに使います。キャストアイロンは直火でもオーブンでも使用可能です。手洗い専用。
ガスレンジ、電熱器、セラミックヒーター 、ハロゲンヒーター、電磁調理器の使用可
moreinfomore information
iittala(イッタラ)
1881年、フィンランド南西部・イッタラという小さな村に建てられたガラス工房がイッタラの始まりです。どんな場面にもしっくり馴染み、何年経っても飽きのこないデザインのガラス製品。現在はガラスアイテムだけでなく、陶磁器やステンレス製品なども手がける、北欧を代表するテーブル&リビングウェアブランドとなりました。

お客様からの商品レビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。


スペック

タイプ 調理器具
素材 キャストアイロン(内側 / 白エナメル加工),取っ手 / 木製
生産国 デザイン:フィンランド 製造:中国
サイズ cm:φ22.5×17.5 容量:3L
メディア掲載

おすすめの商品