BEST SELLER

ラウシェンバーグ:トート

通常価格 ¥4,860(税込)
ポイント 135P

展覧会限定商品
Robert Rauschenberg(ロバート・ラウシェンバーグ)による1963年の作品で、アメリカの都市生活と自然を並べてコラージュにした「Overdrive」は、混とんとした現代社会の前兆を示しました。存在感のある便利なトートバッグには、この作品の細部があしらわれています。
1959年、ラウシェンバーグは「ペインティングはアートと人生、両方に関連している。いずれかだけでできるものではない。(私はこの両者のギャップの中で行動しようとしている)」と記しました。ラウシェンバーグが1950年代初めにそのキャリアをスタートさせた頃、時代は抽象表現主義の英雄的なペインティングがその全盛期を迎えている時でした。ラウシェンバーグはこの伝統に対して、素材への平等なアプローチ、日常の世界をアートに持ち込む、という手法で挑戦していきました。しばしば他のアーティスト、ダンサー、ミュージシャンや作家とコレボレーションしながら、彼はアートの新しい学際的(複数の分野にまたがって関わる)な方法を発明し、それは現在のアートの方向性の一つを定める一助となりました。ラウシェンバーグの作品を世に浸透させた気風である、“世界への解放感、対話とコラボレーションへのコミットメント、グローバルな好奇心”は、ラウシェンバーグを私達の時代における一つの試金石ともしています。
お手入れ方法:洗濯機使用可
moreinfomore information
2017年5月21日から9月17日までMoMAで開催の、Robert Rauschenberg: Among Friendsは、21世紀になって初めてのラウシェンバーグの回顧展です。ラウシェンバーグの60年に渡るキャリアの中であらゆるメディアを活用して製作された、250以上の作品を展示しています。コラボレーションは常にラウシェンバーグにとって重要で、彼の包括性は製作の段階で止まる事はなく、しばしば視聴者を巻き込んでいきました。ラウシェンバーグは次のように言い残しています、「私のアートは常に他の人と共に製作する事に取り組んできました」「アイディアは不動産ではない」。
ラウシェンバーグの他者との交流の重要性を浮き彫りにするため、この展覧会は“オープンモノグラフ”として構成されました。−他のアーティストがラウシェンバーグのクリエイションの人生の中に登場したかのように、彼らの作品はこのギャラリーに現れ、アイディアをマッピングしていきます。

お客様からの商品レビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。


スペック

タイプ バッグ・バックパック
素材 コットン・ポリコットン
生産国 デザイン:オーストラリア・アメリカ 製造:中国
サイズ cm:38×40.5、 ストラップL60.5、183g
メディア掲載

おすすめの商品